僕がせどりを始めた理由 ~時間とお金からの解放~


よくある質問

「なぜ上杉さんはせどりをやっているんですか?」 こんな質問を受けます。 img_13 せどりは再現性が高い。 始めるまでの敷居が低い。 利益率が高い。 そのように、それなりの答え方をしてます。   でも実は…… 今は国内転売をやっていますが、僕にとってビジネスは何でも良かったのです(笑) なんで?と言われれば、僕はずっと料理人をしていて、残業続きで実質時給500円でした。 結婚したいと思った彼女のためにも、このままではいけないと思い、起業を考えました。   「経験」「資金」「場所」と「時間」に拘束されないビジネスということで、物販のビジネスを始めました。 僕にとって国内転売、せどりはあくまで1つの手段です。 単に、収入を得るための1つの方法です。 もともとネットでモノを売るのが好きだというわけでありません。 ただいろいろな制限から解放されたいと思っていたのです。  

制限からの解放

生きていく上で、大事なのは、 ・お金 ・時間 ・人間関係 この3つです。   まず一番の問題は「お金」です。 普通、学校を卒業したら、お金を得るために、就職しますよね? これに密接に関わってくるのが「時間」です。 就職すると、人生の4~5割くらいは仕事で縛られます。   つまり、自分で生活できるだけの収入を取れるようになれば、「お金」「時間」からの制限から逃れられます。 そこから、本当に自分のやりたいことができるんです。 好きな事を仕事にするのは、素敵な事だと思いますが、オススメはしません。 友達が言い出したら、反対します。   なぜなら僕自身がそうだったのですが、好きな事(料理)を仕事にして、人生が辛くなってしまったからです。 仕事では、「自分のやりかた」よりもお客さん(お金を払う相手)の要望に最優先に応える事が義務です。 僕は、自分がしてあげたい事と、お客さんの求める事が違いましたので、料理人を辞めました。   【好きな事をする為にまず稼ぎ、好きな事をできる状態にする。】   これを求めることにしたのです。

世界で一番かんたんな、お金を稼ぐ方法

せどりは正直、世界でもっとも簡単なネットビジネスです。 根気や努力は必要ですが、やれば誰でも稼げる世界なのです。 せどりが良いのではなく、僕が「誰でも出来るような方法」だけでやってきたからです。   僕は、僕のメルマガやブログを読んでいる人には、最低でも15万くらいの収入を得られるようになってもらいたいです。 実家暮らしであまりお金がかからない人は専業でもいいし、会社員の方は副業でもいいです。 そこから自分の好きな事を、じっくりやってほしいのです。 「お金」と「時間」から解放されると人生の可能性が広くなります。   34858e02c4801c9f845903b22972b7e1-640x426   まず国内転売で収入を確保してもらって、自分の人生をさらに良くしてもらいたい。 それが、先にせどりで成功できた僕の思いです。   ですので何かせどりでわからない事、 気になる事があったら、 下記メールに気軽に相談してくださいね♪ まずは相談(笑) ↓↓↓

せどらー上杉へのお問い合わせフォーム

※毎日チェックしてるので、早めに返信できると思います。   それではいつものように…。 れっつエンジョイせどり♪(笑)   この記事が参考になった方は、ぽちっ!て行ってくださいね♪ ↓↓↓ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ  

今までのせどりノウハウは忘れてください。

a1640_000185 「ネットビジネスを始めたものの稼げない!」 このブログにいらっしゃった方はそう思っているかもしれません。 ですので今までの稼げなかったノウハウは一度忘れてしまいましょう! そして、1から『せどりの基本』を学んでいきましょう!   大丈夫!僕は2ヶ月でたった20万円を113万円まで増やす事が出来ました。   そのノウハウは当たり前のこと、 それから1年の経験によってブラッシュアップされたノウハウも、 あなたにすべて包み隠さずお伝えさせて頂きます!   題して「副業せどりで月収30万円達成するメルマガ講座」です!   ■あなたの収入の柱を増やすためにも、是非ともご覧いただければ幸いです。 ↓↓↓

「副業せどりで月収30万円達成するメルマガ講座」

※ただ今、無料で本せどりで時給1万を稼ぐためのノウハウをプレゼント!   ■お問い合わせはこちらです! ↓↓↓

せどらー上杉へのお問い合わせフォーム

  『富める者はますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである』 あなたはどちらが良いですか?  

Sponsored Links

  • follow us in feedly

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ