中古品の自己発送は、高額なものなら「画像」を掲載したほうが売れやすいです。


毎度ありがとうございます。

せどらーの上杉です。

 

中古品の自己発送は、

高額なものなら「画像」を掲載したほうが売れやすいです。

 

  • 自己発送
  • 中古

 

 

この場合、可能な限り、『商品画像』は手を抜かないでください。

画像の与える安心感はハンパないです。

 

なぜ商品ページの画像を追加したほうがいいのか?

 DSC_0120

ヤフオクと違ってAmazonは出品がラクですが、
そこでもあえて手間暇かけてやると売れ行きが違います

多分、2倍くらいは売れやすい。

(古本を何百冊、何千冊という方は
高額レア商品だけでも画像を用意しましょう)

 

百聞は一見に如かずという言葉通り、
ネットの販売において写真は何よりも大事なアピール方法です。

Amazonでは実際に手に取って商品を見られないから、
少しでも多くの情報を掲載してくれているのは
購入者にとって嬉しい事です。

同じ商品が並んでいても、
説明がしっかりしていて写真がはっきりしている、
更に追加写真もある出品者を選びたくなります。

 

出品者としても、
Amazonにありがちなトラブルの回避に繋げることができるなど、
写真の追加の恩恵はかなりのものです。

 

商品の魅力をよりアピールする効果もあります

あなたも買い物に迷った時、店員さんに相談したことはありませんか?

その時、店員さんが親切に説明してくれたら、
「じゃあ買おうかな!」と思いますし、とても嬉しくなりますね。

親切な説明ができる店員さんは、
商品をしっかりと勉強してその魅力を伝えることができるのです。

 

でも、Amazonの説明文で長々と語るのは、
読みにくいですし、あまり得策とは言えません。

良くコメントが長すぎて『続きはこちら』みたいなのありますよね?

だれが読むんだっつーの。

 

ここでもまた、百聞は一見に如かずという言葉を思い出して、
様々な角度から撮影した商品の写真を追加しましょう。

簡潔で的確な説明文としっかり商品を捉えた追加写真があれば、
Amazonでの購入率は大幅にアップします。

また、Amazonの商品に写真を掲載するのは
色イメージの誤差を軽減する効果もあります。

 

例えばあなたも経験はないですか?

ネットを利用して買った商品が実際に届いたら、
思っていた色と違っていた……なんてこと。

これもトラブルの大きな要因です。
例えトラブルに発展しなかったとしても、
店舗(つまりあなた)のイメージを下げてしまっているものです。

そこで、追加写真を利用して、色が明確にわかる写真を掲載します。

 

ここまでやるとトラブルは格段に減り、
親切なお店、信用できる人という評価を得られます。

 

アマゾンの販売ページの載せる画像の撮り方

ちなみに画像はスマホの写真でOKです。
特に凝る必要もなく、ありのままを映せばいいだけです。

 

一応、背景は工夫しましょう

商品撮影する時には、商品の背景も大切です。

周囲にあるものが映り込んでしまうと、
商品が目立たず、雑な印象になります。

周囲にあるもをの移動させたり、
光がちゃんと採れるように白い壁などを背景にして、
余計なものが映らないようにしましょう。

また、白い壁の前で商品を撮影すると、
色の濃い商品は商品がより引き立って見えます。
「背景の色で商品の印象は(良い方向に)変わる」と覚えておいてください。

 

それではいつものように…。

れっつエンジョイせどり(笑)

 

 

この記事が参考になった方は、ぽちっ!て行ってくださいね♪

↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ  

今までのせどりノウハウは忘れてください。

a1640_000185 「ネットビジネスを始めたものの稼げない!」

このブログにいらっしゃった方はそう思っているかもしれません。

ですので今までの稼げなかったノウハウは一度忘れてしまいましょう!

そして、1から『せどりの基本』を学んでいきましょう!

  大丈夫!僕は2ヶ月でたった20万円を113万円まで増やす事が出来ました。

  そのノウハウは当たり前のこと、

それから1年の経験によってブラッシュアップされたノウハウも、

あなたにすべて包み隠さずお伝えさせて頂きます!

 

題して「副業せどりで月収30万円達成するメルマガ講座」です!

  ■あなたの収入の柱を増やすためにも、是非ともご覧いただければ幸いです。

↓↓↓

「副業せどりで月収30万円達成するメルマガ講座」

※ただ今、無料で本せどりで時給1万を稼ぐためのノウハウをプレゼント!  

■お問い合わせはこちらです!

↓↓↓

せどらー上杉へのお問い合わせフォーム

  『富める者はますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである』 あなたはどちらが良いですか?  

Sponsored Links

  • follow us in feedly

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ